糖質制限ダイエットの停滞期の特徴

短期間で高い効果を期待することが出来るとされている糖質制限ダイエットですが、最初は体重の減少があってもある程度行っていると、全く体重に変化が見られなくなる可能性があります。
このような時期のことを「停滞期」と言います。

どのようなダイエット方法であっても、多少の個人差はありますが停滞期は多くの場合であります。
ダイエットを継続し、脂肪や筋肉が落ちてくると基礎代謝量が減ります。
そして、その結果体が飢餓状態にあるのでは無いかと脳が判断します。
その結果、基礎代謝が落ちてしまうために、体重に変化が見られない時期が訪れるというわけです。

停滞期が続く時期としては、1ヶ月である人もいれば2ヶ月という人もいます。
これは、減った体重に体が慣れるまでの期間として、割り切るしかありません。
減った体重に体が馴染めば、また体重は減り始めるはずです。
ダイエットを行っている人は、停滞期の乗り越え方が気になるのでは無いでしょうか。

乗り越え方のポイントとしては、体重が減りにくい時は誰にでも訪れるということを理解し、我慢しすぎない、ストレスを溜めすぎないということです。
事前にこのようなことを知っておくことで、心の準備を整えることが出来ます。

糖質制限ダイエットの場合、糖質の摂取量を制限する食事方法ですので、ストレスを感じにくいという特徴がありますが、それでも食事でのストレスを感じているという場合には、体の脂肪燃焼を促す働きのある良質な油を摂取するようにしましょう。
ダイエットにとって、高カロリーな油を摂取することは避けるべきことと感じるかもしれませんが、極端なカロリー制限は逆効果となる事があります。

短時間で体重を落とそうとすると、体の機能が正常であれば体重が停滞しやすくなります。
このようなことを防ぐためにも、ゆっくりとしたペースでダイエットを行うようにしましょう。
また、正しい乗り越え方を知ることで、短時間で抜け出すことが出来るかもしれません。

糖質制限ダイエットの停滞期の乗り越え方

糖質制限ダイエットをしていて停滞期が訪れた場合には、淡々と今までと同じようにダイエットを続けることが上手な乗り越え方になります。
今まで順調に落ちていた体重が減らなくなると焦ってしまったり、これまでのやり方が間違っていたのではないかと不安になってしまう人も多いと思います。
しかし、停滞期はダイエットが上手くいっているからこそ訪れるものです。
減った体重に体が慣れるまでの準備期間なので、その間も我慢して今までと同じダイエットを続けることが大切になります。
ずっと順調に体重が減り続けて行くほうがイレギュラーな事態ですし、もしかしたらダイエットをやり過ぎているかもしれないと捉えるべきでしょう。

停滞期は個人差もあるのでいつ終わるのかはっきり分かりませんが、停滞期に突入してもダイエットのやり方を大きく変えないようにするのがベストです。
ダイエットが成功しているから停滞期が訪れるのですから、大きく変えてしまうと体に不調が現れたりリバウンドしてしまうことも考えられます。
停滞期の乗り越え方は、できるだけ前向きになれることを取り入れるのが良いと思います。
体重計に乗っても体重が減らないと落ち込んでしまうので、思い切って毎日体重を測定するのをやめて一週間に1回だけにするといった方法も有効です。

筋トレなどを取り入れると、基礎代謝を上げることができるので停滞期を早めに脱出することにつながります。
体を動かすことでストレスも発散できます。
ただし、あまりやりすぎてしまうと疲労感の方を強く感じてしまうので、適度な時間で切り上げるようにするのがポイントです。
普段は行かないスポットをウォーキングしてみたりするのも気分転換になります。